ゲーマー向けのゲーミングマウスは種類が豊富であり、それだけゲームの操作性を向上させるために重要なアイテムというのがわかります。特にFPSゲーマーやMMOゲーマーは、マウス選びにもこだわります。

PCゲームには、大きく分けてFPS・MMO・MOBAの3つのジャンルに分かれています。中でも世界的に人気なのがMOBA系。日本でも新作タイトルが続々登場しています。そこで、MOBA系ゲーマーの人におすすすめのマウスが「G302 Daedalus Prime MOBA Gaming Mouse」です。

ロジクールが発売した、MOBA向けに開発されたゲーミングマウスです。開発にはLoLの有名プレイヤーであるTeam SoloMidのJason WildTurtle Tran選手が協力しているということで、性能が期待できます。

G302のスペック

ロジクールのGxx2系のマウスには、共通の「Delta Zero」(デルタゼロ)という光センサーを搭載しています。

G302のスペックは以下の通りです。

基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
ボタン数:6個
トラッキング速度:最大120IPS(≒3m/s)
最大加速度:最大20G
DPI設定:240~4000DPI
USBレポートレート:125/250/500/1000Hz
データ転送フォーマット:16bit
スリープモード:あり
本体サイズ:65(W)×115(D)×37(H)mm
重量:約127g(ケーブル含)
ケーブル長:2.1m

G302は全体的に小ぶりで、上から見ると菱型のような六角形の形をしているのが特徴的です。小ぶりなデザインなので、手の小さい人でも握りやすい大きさだと言えます。おすすめの持ち方は、「つまみ持ち」「つかみ持ち」です。見た目は、左右両手用に見えますが、サイドボタンが左側にしか設置させていないので、G302は「右手用」になります。

MOBAゲーマーなら選ぶ価値あり

G302の力を100%発揮させるには、専用のソフトウェア「LGS(Logitech Gaming Sofware)」を導入する必要があります。LGSで「自動ゲーム検出」に設定すれば、ボタンの機能割り当てやゲームよって機能を自動切り替えできるので便利です。

G302のクリック感は、他のゲーミングマウスと比べると少し硬いと感じるかもしれません。が、しっかり押しているというクリック感を感じられるのは珍しいとも言えます。光センサーは1600DP時は安定しますが、400DPと800DPだと、減速時に多少のブレを感じやすいというテスト結果がでています。直線補正は無効になっていますが、ゲーム中に操作しにくいと感じることはないため、安定しています。

ただ、遠くの敵を的確に狙う必要性を求められるFPSには不向きです。特にガチのFPSプレイヤーであれば、FPSに最適なゲーミングマウスを選んで下さい。ただ、G302はメインボタンの使い勝手がいいように考えられているため、マクロなどスキルキーの効率化を図れます。

値段も5000円代と比較的手頃な値段になっているため、MOBA系初心者の人や長く使えるMOBA用のゲーミングマウスを探している人は試してみる価値ありです。おすすめのBTOゲーミングPCと一緒に使えば自然と勝率も高くなるでしょう。

MOBA系するならパソコン環境を整えよう!

MOBA系の中でも世界的に人気で人口の多いLoL。公式などが指定している推奨スペックを見るとそこまで要求スペックは高くありません。が、実際にプレイしてみると推奨スペックを満たしていても重いと感じます。試合途中でフリーズしてしまったり強制終了が頻繁に起こるという声もよく聞きます。

大会を目指している人や上達したいと考えているガチ勢であれば、推奨スペック以上のパソコンに買い換えることをおすすめします。これから始めたいという人も事前にパソコン環境は整えておきましょう。だいたい15万円以上~20万円あたりのゲーミングPCを選んでおけばまず安心です。